地域を照らす

  • 2018.08.30 Thursday
  • 20:12

 

台風の影響により、8月第4週は天候不順でしたが、

夏休みのおかげで子ども連れのご家族が多く、賑やかな毎日でした。

大人を凌ぐほどの蕎麦好きな子どもは結構いるもので、

「めちゃくちゃうまい蕎麦だった〜!」と言ってくれる子、

蕎麦湯を何度もおかわりしてくれる子・・・

何より嬉しく幸せな気持ちにしてもらいました。

レジ横には、昭和の黒電話が飾ってありますが、

ほとんどの子どもが興味深々に覗き込んでいます。

「触ってごらん」と言うと、ダイヤルの穴の中の数字を

プッシュホンのように指で押してみたり、

どうしていいのか分からず、親に教えてもらいながら

恐る恐るダイヤルを回してみたり・・・

【蕎麦屋 侍】ならではの微笑ましい夏の風物詩です。

 

8月26日(日)、久しぶりの『全部、青い。』空のもと、

裏庭の草刈りをしました。

気温は31℃ですが、日向では身体が焼けそうです。

湿気を帯びた座布団を干すと、あっという間に

焼きたてのどら焼きのようにフワフワ、ホカホカになりました。

体力には自信があるものの、還暦という現実を考慮して、

30分作業して5分休憩・水分補給というローテーションを守り、

2時間30分ほどで終えることができました。

苦労した結果がはっきり見える肉体労働は、とても心地よいものです。

しかし、こうした作業を職業にされている方々のご苦労を思うと、

プロの仕事ぶりの凄さに脱帽です。

作業後はシャワーで身を清め、泡の出る魔法の水をグビグビっとやり、

栗材の板の間にゴロリとなって、風鈴の子守唄でウトウト・・・

至福の時というのは、こういうことを言うのですなぁ。

 

さて、三河人の蕎麦侍夫婦が信州人になって7年となりますが、

長野県について、まだまだ知らないことばかりです。

そこで、定休日に仕入れ・買い出しに行く際に、

積極的に近場の南信州を訪れるようにしています。

 

今回は、【蕎麦屋 侍】から中央道利用で1時間程度で行ける

地域を照らす4つのおすすめスポットを駆け足で紹介します。

 

陣馬形山(1,445m 上伊那郡中川村)

登山が大好きな蕎麦侍夫婦ですが、

数年前に大川入山(1,908m 下伊那郡阿智村)に登ってから、

忙しさを理由に登山らしい登山はしていませんでした。

昨年の秋、女将が腰を痛めでしまい、

山とのご縁は遠のくばかりかと諦めていましたが、

「自動車で頂上直下まで行ける陣馬形山が近くにあるじゃん!」

ということで、いそいそと出かけました。

駐車場横にはキャンプ場もあり、

わずか数分で頂上に到着です。

目の前には中央アルプスと駒ヶ根市街地が広がり、

宝剣岳や千畳敷カールも確認できます。

目を転じると、南アルプスの大きな山並みも望めます。

こんなに楽をして絶景を満喫できるなんて、

何だか申し訳ないような気持ちでしたが、

やっぱり山頂には自分の足で努力して立ちたいなぁ。

 

帰り道、林道を数分下ったところに気になる看板がありました。。

これまたわずか数分登ると、

目通り幹の周囲が6.45mある見事な御神木がありました。

思わず手を合わせてしまいましたが、日本人の魂の根底にある

自然に対する畏怖の念がそうさせるのでしょうか。

 

養命酒 駒ヶ根工場(駒ヶ根市)

陣馬形山から見下ろした駒ヶ根市に、

女将が毎日お世話になっている養命酒の駒ヶ根工場があります。

駒ヶ根工場の敷地内には「健康の森」と名付けられた憩いの空間が広がり、

中央アルプスに端を発する清冽なせせらぎの音が聞こえます。

養命酒の創始者・塩澤宗閑翁は、手飼いの牛に跨って

深山幽谷に分け入り、薬草を採取して養命酒を創製したそうです。

思いつきの訪問でしたが、予約なしで工場見学に参加できました。

素敵なお姉さんが案内してくださり(残念ながら撮影禁止でした)

美しい声に聴き惚れて工場見学どころではありませんでした。トホホ・・・

自然に包まれた素晴らしい環境の中、

衛生管理の行き届いた清潔な工場に感心しきりでした。

企業の発展は崇高な理念あってのこと。

【蕎麦屋 侍】の存在意義は?・・・大いに刺激を受けました。

 

福島てっぺん公園(下伊那郡豊丘村)

豊丘村の道の駅『南信州とよおかマルシェ』に立ち寄った時、

手に取ったチラシでこの公園の存在を知り、

即断即決、すぐに『福島てっぺん公園』に向かいました。

園内には福島の景色と伊那谷の大パノラマが一望できる

展望台と展望テラスがあり、東屋を利用してBBQなどもできます。

遠くに陣馬形山も見えます。

展望台には各種ほうきが用意されており、

インスタ映えする『魔女の宅急便』写真が撮れると

評判になっているようなので、蕎麦侍も挑戦しましたが、

『魔女の宅急便』ならぬ『ゴリラの一発芸』に終わりました。トホホ・・・

福島地区の方々のぬくもりが伝わってくるような

小さくてもキラリと光る公園です。

 

ブーランジェリーアール(下伊那郡高森町)

ちょっと覚えにくい名前のパン屋さんです。

親友のカメちゃん夫妻が温泉に行く途中、たまたま立ち寄り、

「とてもいいお店だったよ〜!」ということでしたが、

お店の名前は???やっぱり覚えていませんでした。

ちょっぴり遅い朝食をいただきに、お腹を空かせていざ出陣!

オーストラリア、東京の有名ホテルなどでフレンチを修業された

息子さんとお母さまが営む素敵なお店です。

パンにはそれほどこだわりのない蕎麦侍ですが、

どれも美味しそうで本当に迷いました。

和モダンのおしゃれな部屋でイートインできます。

選んだパンを食べやすいように切り分け、

それぞれお皿に盛って出してくださるなど、

おもてなしの心が伝わってくる心地よい時間を過ごしました。

コーヒーと紅茶を自由に飲めるのもありがたく、

大満足の朝食をいただきました。ごちそうさまでした!

 

それぞれの地域に個性あふれるお店や魅力的なスポットがあり、

人を呼び、地域の活性化に貢献しています。

蕎麦侍には、経営戦略も長期計画もありませんが、

【蕎麦屋 侍】も平谷村を照らす灯台、

存在感のあるランドマークとなれるよう

「なんとかなる!」の精神で

「春風を以て人に接し 秋霜を以て自ら粛む」おもてなしの心を大切に

「売り手よし 買い手よし 世間よし」みんなが幸せになれる商売をして

「おもしろき こともなき世を おもしろく」生きていくぞ〜!

8月30日、還暦を迎え決意を新たにする蕎麦侍であります。

 

最後に、『びっくりぽん!蕎麦好きの愛車だす』のコーナーだす。

 

【愛車19】マツダ アテンザ 2.5 Lパッケージ(愛知県岡崎市 別府 洋さま)

ゴールデンウィークの時は美味しいお蕎麦ありがとうございました。

新しく新車を買ったのでその慣らし運転がてらお邪魔しました。

前はトヨタの100系チェイサー ツアラーを乗ってましたが

17年乗り車の故障や部品交換が多くなってきた為乗り換えしました。

新しい車はマツダ アテンザ 2.5 Lパッケージです。

6気筒→4気筒になったので若干エンジンの力不足は否めませんが良い車です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

30年ぶりの再会でした。

蕎麦侍が教師だった時、岡崎市の小学校で担任したヒロシくんです。

小学3年生のヒロシくんは、いがぐり頭の可愛い子でしたが、

「先生、それはね・・・」と説明してくれる、理論派の学者肌でした。

立派な大人になっても、あの頃の雰囲気は残っています。

楽しい日々の思い出がよみがえり、幸せな気持ちになりました。

ありがとう!

 

コメント
山の情報嬉しいです(^-^)
陣場形山に福島てっぺん公園♪…
どちらも涼しそうです(^-^)

今年も愛車での北海道遠征を無事に終えて…
再び東京のうだる様な暑さにうんざり(-_-;)…
北海道の涼しさが恋しい…と思っていましたが、東京も徐々に秋の気候を想わせる感じになってきました♪

仕事が忙しい友人が、これからはきっちり日曜は休むと言って、標高の高い山へ行ってみたいと言っているのでチェックしてみます♪
でも、ちょっと遠いかな(@_@;)


ちなみに、東京と神奈川の境目に陣場山という山があり、山頂は陣場高原と呼ばれたりしてますが、陣場形山の約半分の高さなのでムシムシと暑いです(^-^;)
  • 武内 秀樹
  • 2018/08/31 2:53 AM
【武内さま】
昆虫博士は野山を駆け巡っているので、
山にも興味があるのですね。
車で気軽に行けるという点ではおススメですが、
博士のモンスターマシーンでは道が狭いし、
地元の方々が腰を抜かしてしまうので、ご注意ください。

今年は標高1,000mの我が家でも寝苦しく、
さすがにエアコンがなくても大丈夫ですが、
ここに住んで初めて夏バテを感じました。
おかげで、ビールは水の如く大量消費し、
日本経済のために貢献しました。

また北海道冒険旅行談を聞かせてくださいね!



  • 蕎麦侍
  • 2018/08/31 7:15 PM
陣馬形山行かれたんですね〜(^^♪、
尾張人の私が南信州を好きになり5年目で、チラシで見た南アルプス景色の良い「陣馬形山」に行きたいと思いいざ出かけましたが、当日の天候は曇天従って周りは真っ白・・・( ;∀;) とても残念だったのを覚えています。しかしそんな天候でも、ちゃんとテントを張る人達はいてびっくりでした。
そうそう、陣馬に登る入口位に「Basecamp Coffee」と言うスープカレーの美味しい喫茶がありますので、次回行かれたら立ち寄ってみてください。
https://www.facebook.com/basecampcoffee1445/

『魔女の宅急便』ならぬ『ゴリラの一発芸』、、と言うよりも、【ハリーポッターのライバル】だった役者が歳をとった・・・と言う感じでしょうか?(‘’◇’’)ゞ

大将!還暦おめでとうございます。私も夢と目標は還暦の時に「爺ちゃん」になっている事です。しかしこればかりはご縁が頼りですので、今の娘たちの彼氏がそのお相手なのかどうか?…ですわ
【しゃちょ様】
さすが活動範囲の広いしゃちょ様は、
私よりはるかに南信州のことをご存じのようですね。
中央アルプスと南アルプスのどちらも望める伊那はい〜な〜。
「Basecamp Coffee」は気になりましたが、
先の予定があったので残念ながらパスしました。
グルメのしゃちょ様のおススメなら間違いないでしょうね。

ハリーポッターのことはよく分からないのですが、
よっぽどイケメンの役者だったのでしょうか?

還暦、他人事のように思っていましたが、
人生80年の現代においては、まだまだ爺ちゃんと呼ばれるには
早いかなあ・・・とも感じます。
孫がいるという意味では、間違いなく爺ちゃんなのですが。
いよいよ娘の彼氏が正式に訪れた際には、ちゃぶ台の準備を忘れずに!
  • 蕎麦侍
  • 2018/09/02 6:31 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM