心機一転

  • 2018.04.30 Monday
  • 22:13

 

冬期休業明け、4か月ぶりの営業再開となる4月1日(日)

「お客さまは来て下さるだろうか・・・」

開店の準備をしながら、蕎麦侍夫婦はちょっぴり心配していました。

 

午前10時を回ると、駐車場に続々と車が入ってきます。

結局、開店時には、な、な、なんと車13台、バイク5台が!

その後も続々とお客さまがお越しになり、

開店満席の上、あっという間に25名様のお待ちとなり、

幸先の良いロケットスタートを切ることができました。

 

初日からこんなに多くのお客さまに支えていただき、

蕎麦侍夫婦は幸せいっぱい、気力満タンになりました。

本当にありがとうございます!

 

4月2日(月)、華やかなアレンジメントが届きました。

カードには「祝5周年 伊藤將延」とあります。

(実は開業5年目、4周年です。)

この伊藤さん(春日井市在住)とのご縁は、今から40年前に遡ります。

若かりし頃、女将が所属していた豊川スクェアダンスクラブで

活動していた仲間の一人が伊藤さんです。

年賀状のやりとりは続いていたのですが、【蕎麦屋 侍】開業を機に再会し、

ご家族で常連となっていただいています。

<昭和の香りが・・・ハーレム状態の伊藤さん、右端が女将だす!>

 

伊藤さんは、

「T.S.D.C.(豊川スクェアダンスクラブ)は、これから

T=とっても、S=そばが、D=だいすき、C=クラブにします!」

と応援してくださっています。

ステキなお花、ありがとうございました!!!

 

【蕎麦屋 侍】の営業時間は午前11時から午後2時までの3時間、

「いい商売しとるなぁ」と言われる方もお見えになりますが、

準備、片付け、仕込みなど全労働時間は1日12時間以上となります。

これに家事が加わり、女将は1日の殆どを動き回っているのです。

(蕎麦侍もこの歳になって、家事の手伝いをするようになりました)

また、定休日とは言え、店の掃除・整備、翌週の仕込みがあり、

唯一の楽しみは、食材調達の際にちょっと足を延ばして

いろんな場所を訪れ、ランチでまったりすることです。

 

昨年秋、女将が突然腰痛に見舞われたことで、

年齢、体力に見合った働き方をしないと大変なことになるということに

気づかされ、夫婦でじっくり考えてみました。

手打ち蕎麦屋の繁盛店主が身体を壊し店を閉めたという話をよく聞きます。

蕎麦侍自身も年々体力的な衰えを痛感しているし、

結婚してから苦労し続けてきた女将の重荷を

これ以上増やすことは許されないという結論に達し、

還暦という節目の年に新たな一歩を踏み出すことにしました。

 

お客さまには大変申し訳ないことですが、

水・木の定休日を日・月に変更させていただくことで負担を減らし、

「健康第一で 真心こめて 細く長く」蕎麦屋を続けていこうと決めました。

 

4月8日(日)、今年初めての定休日は雪が降りました。

やはり何台もの車がお越しくださり、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

「日曜日にしか行けないので残念です」という電話もいただきました。

その一方で、これまで定休日だった水・木曜日は、

「仕事が休みなので、定休日が変わってよかった!」

という新規のお客さまにご来店いただけることとなり、

悲喜こもごもといったところです。

いずれにしても定休日が定着するまで、みなさまにはご迷惑をおかけしますが、

ご理解いただきますよう、何卒、何卒よろしくお願いいたします。

 

体力を気力で補おうと手に入れたのが、「こはぜ屋」の半纏です。

昨年評判になったTVドラマ・日曜劇場『陸王』で

主人公・宮沢紘一(役所広司)が着ていたアレです。

武州正藍染の素晴らしいもので、使い込むほどに味が出ます。

背中にはトンボのマークがありますが、トンボ鉛筆ではありません。

戦国時代、トンボは勝虫(かちむし)と呼ばれ、「前にしか進めない虫」という

ことから縁起の良いものとして兜の前立てや着物の柄として用いられました。

また、濃い紺色のことを勝色と言い、これまた武将たちに好まれました。

この半纏を着ると武将の如く勇気と力が湧いてくるのです。

(すぐにその気になれる自分に感謝!!!)

 

そしてもう一つのこだわりファッションは、

シーンズ「Lee 101 RIDERS」です。

十数年はいてきたものが限界にきたので、新調しました。

あのジェームズ・ディーンが愛用していたから・・・という理由ではなく、

「Lee」の文字が入った革のベルト通しがカッコいいし、

全く関係ありませんが、憧れのブルース・リー「Lee」の

魂を感じることができるからです。

(勝手に思っているだけですが・・・)

 

上も下もお気に入りで揃えようものなら、もう天下無敵だす!

(村の会合などには着ていきますが、普段のお出かけには・・・)

 

店内・お座敷の雰囲気も一新しました。

テーマは「西郷どん」

勿論、NKH大河ドラマにちなんだものです。

高さ55僂離屮蹈鵐坐「現代を見詰める西郷隆盛」は

古賀忠雄氏の作品で、鹿児島空港近くの西郷公園には

高さ10.5mの同様の立像があります。

 

こちらは金箔仕上げのブロンズ像「西郷どんのツン」で、

文化勲章を受章した中村晋也氏の作品です。

ツンは西郷隆盛の愛犬で、ピンと立った耳と左尾が特徴の薩摩犬です。

今年は戌年であり蕎麦侍の年でもあるので、

ツンは【蕎麦屋 侍】に来るべくして来たのだと思います。

 

そして西郷隆盛が好んで使い、よく揮毫した言葉「敬天愛人」

鹿児島市立美術館に展示されていた書をもとに写し彫りしたもので、

【蕎麦屋 侍】開業前に手に入れていたものです。

それが今、西郷どん・ツンとともに披露することとなり、

どの作品も喜んでいることでしょう。

 

今年の年末慰安旅行の行先はもう決まっています。

女将は今からワクワクしており、大きなニンジンをぶら下げることで

この8か月間を頑張って乗り越えていけそうです。

チェスト〜!(薩摩弁:自分を鼓舞するときに使う叫び声)

 

最後に、『びっくりぽん!蕎麦好きの愛車だす』のコーナーだす。

 

【愛車15】ケータハム スーパーセブン(愛知県豊橋市 ドクトルひこ様)

御幼少の頃、母に買ってもらったジャガーのミニカー。

ものすごくかっこ良くて、子供心に「大きくなったら絶対にこんなクルマに乗るゾ!」

と思ってから約半世紀。

ジャガーEタイプは買えなかったけど、ようやく手に入れたクルマ達です。

子供の頃の刷り込みなのでしょう。小さくて丸っこい形のスポーツカーが好みみたいです。

今持っているクルマは3台、すべて2シーターのスポーツタイプです。

スーパーセブン、ポルシェケイマン、そしてジネッタG12というレーシングカーがあります。

子供達はクルマには興味はなく、ヨメもポルシェ以外は絶対に乗ってくれません。

英国車が特別好きな訳ではないのですが、乗ってみると意外と自分に合っているみたいです。

まだまだ欲しいクルマはありますが、だんだんと老人になってきたので、

あまり激しいクルマは無理みたいです。

他に趣味もないのでボケ老人にならないように、ボチボチ乗っていこうかと思っています。

まあ次の2シーターは、究極のミッドシップ、ホンダの軽トラックアクティかな?

オートバイも好きなので何台か持っていますが、体力的に無理になってきたみたいで、

今はガレージの置物状態です。

<翌週、奥様とポルシェでお越しくださいました>

♪緑の中を 走り抜けてく 真っ黄なポルシェ〜♪(違うか〜っ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実は、ドクトルひこ様は、中学校の同級生でした。

当時の豊橋市立南部中学校は、全校生徒2,000人という

先生の名前すら分からないようなマンモス校でした。

ですから、同じクラスになったことのないドクトルひこ様のことは

知らなかった訳で、ひこちゃん(親しくなった今、こう呼んでいます)が

蕎麦屋開業の新聞記事を読んでくれたおかげで、ご縁ができました。

話しをしてみると、いろんなところで交友関係が繋がっていて、

アルコールが入っていなくても楽しいことこの上なく、盛り上がります。

 

な、な、なんと・・・

ひこちゃんは、豊橋市三本木町にある犬猫病院『ドクトルひこ』の院長です。

蕎麦侍と同じく強面ですが、熱く優しい男なので、

ペットのことでお困りのことがありましたら、どうそご相談くださいませ!

 

 

 

 

コメント


スタートダッシュ(?)のお忙しい4月を乗り越えられお疲れ様でございました。
今年も大将の作る蕎麦味を大変美味しく頂けました。ありがとうございます。
女房は初めて「野武士」を賞味させて頂き、大変美味しかったと申しておりました。
変な話ですが、翌日の朝の出物がすっきりと出たようです・・・!(;^_^A 
それだけ「野武士」は繊維が多いのでしょうか?(;^_^A
また平谷方面に行ける機会があれば行かせて頂きます。12時で満席になるお店ですから
10時前から並ぶ気持ちで出かけますね(;^_^A 
まるでディスニーリゾートのアトラクションのようですが(;^_^A
【しゃちょ様】
ご夫婦でのご来店、誠にありがとうございました。
長時間お待ちいただいた上に、お話をする余裕もなく
大変失礼いたしました。
野武士は、黒い皮が付いたままの蕎麦の実を手臼で粗挽きした
粉を使っているので、きっと腸をきれいにしてくれるのでしょう。
蕎麦は、ほぼ完全栄養食の優等生です。
蕎麦に含まれるルチンは、血圧を下げる働きがあるそうですが、
血圧高めの蕎麦侍には全く効果がないのは、なんでだす???
日曜定休になったので、売木方面に用事などある時に
お立ち寄りいたき、コーヒーでも飲んでいってくださいね。
只今、お客さまの待ち時間の負担を少しでも軽減できるように
知恵を絞っていますので、もう暫くお待ちください。
  • 蕎麦侍
  • 2018/05/01 7:54 PM
5月18日(金)から19日(土)と売木村から松川町・中川村に一泊二日で行く予定があります。19日(土)のお店が終わった頃の15時過ぎくらいにお邪魔できるかもしれません。
お土産持っていきますので、行けたら宜しくお願いしますです!(^_-)-☆
【しゃちょ様】
了解しました。
もしお越しいただけるようでしたら、
片付けの進捗状況で時間調整をお願いしたいので、
午後2時以降に電話をいただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。
  • 蕎麦侍
  • 2018/05/02 5:10 PM
19日(土)は早めに帰る予定ができてしまったので
売木村に行く18日(金)にお邪魔できればと思います。
18日(金)の午後2時以後に一度お電話いたします。
どうぞ宜しくお願いいたします
【しゃちょ様】
連絡ありがとうございます。
片付けが一段落する3時30分頃になるかと思います。
また、翌日の仕込みがありますので30分程度しかお話できません。
申し訳ありませんが、よろしくお願いします。
お電話お待ちしています。
  • 蕎麦侍
  • 2018/05/07 8:01 AM
今季初の蕎麦をありがとうございました。
相変わらず美味しかったですよ。
当日は車で紳士的(?)に大人しく伺ったつもりでしたが育ちの悪さは隠せませんね
(*´σー`)エヘヘ
又、県人会のメンバーで伺っていないメンバーも居るので改めて伺わせて頂きます。
奥様にも娘さんにも宜しくお伝えくださいね。
  • 軍曹&二等兵
  • 2018/05/08 9:15 AM
【軍曹さま&二等兵さま】
今回は、私の大好きなジムニーでお越しいただき、ありがとう!
相変わらず仲良しラブラブご夫婦にお会いでき、興奮???しました。
愛車カタナへのこの上ない愛情が夫婦の絆を強くしているのですね。
それでは紳士的な県人会のみなさまとお会いできる日を
楽しみにしています!
  • 蕎麦侍
  • 2018/05/08 7:09 PM
トンボのマークの半纏!!
良いですね〜♪

日本ではトンボって、どちらかと言うと嫌われている感じではなく、好感を持たれてる虫ですよね!
縁起の良い虫だったり、童謡なんかにも歌われていたりして、僕なんかも幼少時から網でトンボを追いかけたりして一般的に広く親しまれている感じだと思います!


ところが!!
ところ変われば、認識も変わるの例の代表格なのがトンボです!!
西洋ではトンボって邪悪な生き物として忌み嫌われている虫なんですよね(@_@;)…

日本でもトンボの語源って、空を飛ぶ棒!
飛ぶ棒⇒トンボ
というのが有力な説らしいんですが
西洋でもやはりトンボの長い体を矢や剣に見立てているらしく、透明な翅は見えないものとして
矢や剣が飛んでいる!!
等と感じて不気味な虫というイメージなんだとか(-_-;)…

しかも、トンボの捕食行動を観察すると…
トンボは飛びながらエサとなるハエ等の虫を見つけると、6本の脚で獲物を抱え込むんですが、その為の捕食に使う脚には腿節と脛節に内側に向かってV字型にトゲが生えており、このトゲが有る事で単に細い6本の脚で獲物の虫を取り囲む感じには成らず、6本の支柱から横にサンが伸びる、まるで鳥籠の様な感じになり、獲物の虫を逃がさず捕らえる事を可能にしております!
しかし、このトゲだらけの脚6本で獲物の虫を捕まえる時の様子が、西洋の拷問具アイアンメイデンに似ていると言うのです!
つまり、トンボが獲物の虫を6本の脚で取り囲むと、獲物は鳥籠に入った感じに成るんですが、その様子が鳥籠の内側がトゲだらけに成ってる感じのアイアンメイデンに入れられた人に見立てているらしく…
西洋では拷問する虫とか邪悪で残虐な虫!等々…なかなか酷い言われようで、日本とは対照的で一般的に縁起の悪い虫に成っているんです(@_@;)…


そういえば、タコも西洋では邪悪な生き物ですよね!

ま、そんな事を考えながらGWは東京の高尾山周辺の沢へヤマメを捕まえに行ってましたが、沢には既に何種類かのトンボの姿があり…
すー、と飛んでくるトンボを見て…
やはり、僕にはトンボって清々しいイメージしかないですね(^-^)

沢ではヤマメ以外には、体は普通のトンボで、物にとまると4枚の翅をイトトンボの様に畳むムカシトンボという種類を捕まえようと思ったんですが、昨年は見かけたものの捕獲失敗し、今年はと思って挑んだんですが、今年は暑かったせいか発生が既に終わってしまってた様でした、残念(T-T)

平谷周辺も採集ポイント多そうですね(^-^)♪
  • 武内 秀樹
  • 2018/05/10 6:28 AM
【武内さま】
参りました!恐れ入ります!勘弁しておくんなせ〜!
さすが昆虫博士、トンボの半纏からこれほどの薀蓄を語られるとは、
昆虫への愛情がひしひしと伝わってきました。

おっしゃる通り、国が違えば同じものでもこうも評価が変わるとは、
面白くまた恐ろしいものですなぁ。

秋には我が家周辺に赤トンボが舞い乱れ、トンボには愛着があります。
あの細い身体から発せられる力強いエネルギーはスゴイです。
武将が好んだ気持ちがよく分かります。

是非、武内さんのコレクションを拝見したいものです。
まずはゆっくりお話を聞かせていただいて、
子どもの頃の純粋な気持ちを取り戻したいです。

こちら方面に採集にお越しの際は、定休日にお立ち寄りください。
  • 蕎麦侍
  • 2018/05/10 8:46 PM
お久しぶりです。
4月オープン初日、最後の日曜日営業という事で、夫婦でうかがいました。土日休みで、土曜は会社のインフォーマルで毎週予定があり、これからなかなか行けそうになく残念です。
さて、ジーパンの話のとこですが、自分もブルースリーに憧れてまして、若かりし頃は、毎日走って脂肪を削り、懸垂や腕立て伏せで筋肉を引き締め、彼の身体を目指してました。
今も走ってますが、肉離れしたり、五十肩が治らず、脂肪燃焼出来ず、筋肉も落ち、しかも毎日のビールで60手前の身体になって来ました。
夏に向けて引き締めなくては・・・
自分もLeeが欲しいですが、もっぱらEDWINを履いてます。
また、平日休みがとれたらランクルかアクアかドラッグスターで伺います。
  • 安城のファン
  • 2018/05/15 12:26 PM
【安城のファンさま】
ランクルがなかったので、開店時に安城のファンご夫妻に
暫く気付かず、大変失礼しました。
今年もお越しいただき、感謝感激です!
定休日の変更については、ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
おかげさまで女将の負担を軽減でき、腰の具合が良くなってきました。
さて、ブルース・リーは、我々世代の永遠のヒーローですね〜。
私は今でも風呂上りに鏡に向かい、広背筋を広げてポーズをとり、
気合を入れています。
「燃えよドラゴン」の名セリフ "Don't think.Feel!"は、
ずっと座右の銘のひとつとなっています。
安城のファンさまも同志とは、びっくりポンです。
お互い、ますます男を磨いていきましょう。
それでは、次はLeeを穿いてドラッグスターでお越しやす!!!


  • 蕎麦侍
  • 2018/05/15 7:10 PM
今から15〜16年前セブンかM3(E30)迷って、結局M3を購入し、結構気に入っていましたが、ふと、もうすぐ定年かと思いまだ元気なうちにセブンに乗らないと、と思いが強くなり縁あって今から4年前に購入セブンは最高だね、クラッチが踏めなくなるまで、こいつ(セブン)と付き合っていきたいと思います。
  • 田中 孝彦
  • 2018/05/16 9:36 PM
【田中さま】
愛車紹介コメント、ありがとうございます。
今月末のブログにて紹介させていただきます。
お手数をおかけしますが、
メール(info@sobaya-samurai.nobushi.jp)にて
○○市在住  掲載用名前(ニックネーム可)
を教えてください。
  • 蕎麦侍
  • 2018/05/17 10:00 AM


先日は大将ご夫婦とお話しができてとても楽しかったです。無事郡上踊りのVHSは“見れました”ので、今見ながら夫婦で練習をし出しています。(^^;
ところで、お土産の「半分、青い。」(^^; は如何でしたでしょうか? 実は私はあの後「ささゆり」に泊まって深夜から酷い下痢に悩まされ(窓を開けっぱなしにして寝冷え(?)をしたのが原因か?)、飯島町までお蕎麦を食べに行ったのに腹痛の痛みが勝り全く味どころではありませんでした。辛うじて感じる蕎麦の歯ごたえから分かった事は、やはり私は大将の打つ十割蕎麦の方が好きだと言うことでした。お蕎麦の美味しさは勿論の事、岩塩を掛けて食べる素朴な食べ方や、昼餉の卵焼きの美味さ、そして蕎麦湯もやはりあのネットリ感が好きですね! 次回行ける時にはVHSを擦り切れるまで見て(^^; 本場の郡上踊りを体験した後にお邪魔したいと思います。
【しゃちょ様】
骨董品のようなVHS「春駒」がお役に立ってよかったです。
お土産の五平餅はとても美味で、クルミが大好物の女将は大絶賛でしたよ。
余ったタレを寄せ豆腐にかけていただきましたが、
チューハイのつまみとしてバッチリでした。
お腹の調子は絶好調で、しゃちょ様のような異状はありませんでしたよ。
おっしゃるとおり、山の寒暖差を甘く見た結果でしょうね。
でも、あの立派なお腹が冷えるのでしょうか???
侍の蕎麦をお褒めいただき、ありがとうございます。
味覚は人それぞれで、好みも分かれるところですが、
お気に入りのひとつに入れていただいたことは、本当にうれしいです。
それでは次回、郡上踊りで見違えるほど絞られた身体を
拝見できる日を楽しみにしておりま〜す!
  • 蕎麦侍
  • 2018/05/20 11:44 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM