相棒

  • 2017.06.22 Thursday
  • 20:18

 

蕎麦侍家族が18年間お世話になった、日本一小さな村・愛知県富山村

(現・豊根村富山地区)の村の木はトチノキでした。

村のあちこちに大木があり、親しみ深く相棒のような存在でした。

【蕎麦屋 侍】のお向かいの『いわなの里』さんの駐車場には見事なトチノキがあり、

蕎麦侍は、この木を眺めながら蕎麦を打っています。

この時期になると立派な穂状の花を咲かせ、あの頃の様々な思い出を甦らせてくれます。

 

特徴のある鳥の鳴き声も富山村の思い出のひとつです。

「キャラッ キャラッ」・・・頭に大きな冠羽がある村の鳥・ヤマセミ

「キョロロロロロ〜」・・・火の玉が燃えているようなアカショウビン

「ホッホゥ ホッホゥ」・・・夕暮れに響く声はアオバズク

 

5月のある日、「家の裏で赤い鳥が死んでるよ!」と女将が叫びました。

アカショウビンです。

どうやらサッシのガラスにぶつかって即死したようです。

「キョロロロロロ〜」いつもきれいな声を聞かせてくれていたのに。

白樺の根元に手厚く葬りましたが、とても残念な気持ちでした。

そして数日後、谷筋から「キョロロロロロ〜」という声が聞こえてきました。

あのアカショウビンの相棒だろうか?夫婦だったのだろうか?

何だかとても切ない声のように心に沁みてきました。

 

自然界には、摩訶不思議なことがあります。

「60年に一度」と言われている珍事が起こりました。

平谷村周辺で笹の花が咲いたのです。

【蕎麦屋 侍】の近くの笹薮に行ってみると・・・ありました!

それは、知らなければ全く気付かないほど地味なもので、

青空を背景にして見ると・・・

なるほど、花らしきものが確認できます。

「凶事の前触れ」という言い伝えがあるようですが、

蕎麦侍は「これはまたとない吉兆である!」と信じています。

 

さて、笹の花のおかげかどうか分かりませんが、

5月25日(木)に素晴らしい機会をいただくことができました。

国際自転車ロードレース『ツアー・オブ・ジャパン(TOJ)』

の南信州ステージが飯田市一帯で開かれたのです。

この日は店の定休日という幸運に恵まれ、

意気揚々とスタート地点である飯田駅前に向かいました。

あいにくの雨でしたが、会場は熱気に包まれています。

16チーム・84選手が参加して123.6kmで優勝を競います。

元F1ドライバーの片山右京氏がオーナーを務める国内トップチーム

『Team UKYO』は、マスコミ取材の中心となっています。

レースは、ゴール前約1キロ地点で20人ほどが集団になる大混戦。

序盤からレースを引っ張ったNIPPO・ヴィーニファンティーニ

(イタリア)のマルコ・カノラ選手が、今大会3勝目を挙げました。

蕎麦侍が燃えに燃えたトライアスロン時代(30代〜40代)の相棒は、

今も大切に自宅吹き抜けに飾ってあります。

今回のレース観戦により、相棒のことがとても愛おしくなりました。

 

【蕎麦屋 侍】にとって、陰の立役者・最強の相棒と言える存在が

軽トラのスズキ・キャリーです。

ナンバーが女将の携帯電話番号下4ケタと同じという

びっくりぽんの偶然からご縁が始まりました。

エンブレムの「S」は、ズズキの「S」ではなく、

SAMURAIの「S」ということでヨロシク!

 

この相棒は、旧富山村から平谷村への引っ越しのために

ジムニーから乗り代えたのですが、その活躍ぶりがハンパないのです。

毎日、およそ100km(旧富山村〜勤務地〜平谷村〜旧富山村)

の道のりを1か月間休みなく走り続けてくれました。

荷物を積んで出勤し、勤務終了後、平谷村まで行き荷物を降ろし、

旧富山村に帰宅して夜のうちに次の荷物を積む・・・

ということを繰り返しました。

休日には、旧富山村〜平谷村を2往復しました。

雨の日も風の日も走りました。

夕暮れの山道でパンクして、タイヤ交換もしました。

庭の砂利は、愛知県新城市から2回運びました。

見た目以上に積載重量があり、下り坂では恐ろしい思いをしました。

この立派な春日灯籠は、女将の親友が自宅改築のため不要となり、

いただいたものです。

土台(埋まっている部分が大きい)がものすごく重く諦めかけましたが、

同行してくれた相棒(看板娘のダンナ)の機転のおかげで、

名古屋市から何とか運ぶことができました。

素人ながら、レベル(水平面)を出して設置できた時の感動は忘れられません。

こちらの雪見灯籠は、オークションで手に入れたもので、

送料が高いので愛知県津島市から遥々運んで来ました。

 

お金がなければ自分が汗を流すことで解決できることがあります。

引っ越し代等を節約するためとはいえ「よくやった!!!」と

今さらながら自分と相棒を褒めてやりたい気持ちです。

しかし、この素晴らしい相棒とも、間もなくお別れです。

 

次号に続く・・・

 

最後に、『びっくりぽん!蕎麦好きの愛車だす』のコーナーだす。

 

【愛車癸后曠襯痢璽好檗璽襦Ε好僖ぅ澄 (静岡県湖西市 tOyOさま)

ルノー スポールスパイダー


2012年6月購入(15年落ちです)

初めて乗ってみた感想
遊園地のゴーカートじゃん!
屋根どころか幌もないし、アクセルブレーキクラッチ全て重いし、後ろでエンジン音うるさいし、、、
でもね、
車が生き物って感じでサイコーなんですよ(#^.^#)
女性には解んないだろうなぁ 男性は子供も老人も興味深々で寄ってくるよ!

 

 

 

 

コメント
こんばんは〜
富山、良い所ですね!
昔は仕事で月1回は行ってました
今はたまに温泉入りに行きますよ。

愛車の写真ありがとうございます
また、美味しい空気と美味しい蕎麦食べに寄りますね!
  • tOyO
  • 2017/06/23 1:33 AM
大将のブログは読めば読むほど味がありますねぇ〜
トライアスロンの御趣味があらっしゃったとは・・・
今の蕎麦打ち大将からは想像できませんが(;^ω^)
しかし大将は、女将さんをはじめ様々な“相棒”に
恵まれていらっしゃいますねぇ〜(^_-)-☆

明日夫婦で恵那串原に蛍鑑賞に行き、その近くのホテルで泊まる予定です。翌日の日曜日には夫婦でまたお邪魔するかもしれません。


  • 長縄(しゃちょ)
  • 2017/06/23 8:06 AM
【t0yOさま】
この度はご投稿いただき、ありがとうございます。
tOyOさまの愛車に対する思い・愛情が、伝わってきましたよ。
それにしても、富山村をご存じとは驚きました。
不思議なご縁を感じます。
ご来店の際には、是非お声をおかけくださいね。
  • 蕎麦侍
  • 2017/06/23 3:39 PM
【しゃちょ様】
若い頃は、空手、柔道、登山、トライアスロン、マラソン、
弓道、太極拳、猟師、そして現在は古武術、蕎麦打ち・・・
しゃちょ様は、現役でいろんなことに関わり活動されており
本当に素晴らしいですね〜!
お互い、素敵な相棒とともに、人生楽しみましょう!

蛍鑑賞とは風流ですなぁ。
奥さまとどうぞラブラブで楽しいひとときを!
  • 蕎麦侍
  • 2017/06/23 3:56 PM
勇気を絞っての初投稿です、大将が教師として富山村に居られた事は伺っていましたが、実は私31の時に富山村に移住しようかと役場に問い合わせた事がありました、結果決断出来ず名古屋で暮らして朽ちて行きますww。こんな私から見たら大将の生きざまと笹の花がダブって見えます、枯れる前に一花咲かせる、あ!大将まだ油ギトギト。こりゃまた失礼しました^^ノ
来月駐車場の込み具合を見ておじゃまさせて頂きます。
  • テンカラおやじ
  • 2017/06/23 5:07 PM
【テンカラおやじ様】
これまた不思議なご縁ですな〜。
当時の富山村は人口200人ほどで、みんなが親戚・家族の
ようにあたたかく団結力のある魅力的な村でした。
テンカラおやじ様は、どのようなきっかけで富山村に
移住しようと思われたのですか?とても興味深いです。
私などは猪突猛進、我儘と直感で生きているだけです。
ただ、素晴らしい方々に出会い、支えていただいたおかげで
面白い人生を送らせていただいております。
肉体的には、油ギトギトというより干からびてヘロヘロだす。
お会いできる日を楽しみにしています!
  • 蕎麦侍
  • 2017/06/23 10:03 PM
大将 女将様

本日は突然のお邪魔にも関わらずおもてなし頂きましてありがとうございます。
常連として失格ですなぁ〜 定休日を忘れているとは・・・
でも大将との語らいは本当に楽しいです!普段の営業日はお忙しくてあんなに喋れませんから(^^)/
そうそう、“ハワイの話”、女房にも話しましたが【大うけ】でした。
「お爺ちゃんになるつもりが、お父さんになったりして・・・(;^ω^)」
全く大丈夫です!吾輩の『種』はまだ元気でしょうし、先発しても完投能力はあるのでしょうが、
【竿】の方は もう引退間際の選手(戦力外)扱いなので、その気になっても初回マウンドでいきなりホームラン打たれ、監督(女房)から交代を告げられてお仕舞いになるがオチでしょう〜(( ´艸`)

今度は営業日に行きます!しかも突然に(^^)/

引き続きよろしくお願いいたします。
  • 長縄(しゃちょ)
  • 2017/07/06 10:38 PM
【しゃちょ様】
こちらこそ、楽しいひとときをありがとうございました。
お客さまと仲良くなれるのは、小さな店ならではの醍醐味です。
ハワイは非日常の自由な時間を過ごすことができます。
その解放感は、衰えた機能を回復させてくれることでしょう。
新婚時代の記憶が甦り、アンビリーバブルなことがおきますよ。
男子たるもの生涯現役の心意気でいきましょう!
そういう拙者も、現実はかなり厳しくなってきておりますが。
トホホ・・・
それでは、ハワイ旅行の詳細な報告を楽しみにしています!
  • 蕎麦侍
  • 2017/07/07 9:27 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM