人生 山あり 谷あり

  • 2019.08.26 Monday
  • 22:06

 

<前号の続き>

比叡山延暦寺から国宝・彦根城を目指します。

彦根城は何度か訪れていますが、

歳を重ねたことによる風景や思いの変化を確かめたかったのです。

桜橋駐車場のそばにある金亀児童公園内に井伊直弼公の銅像があります。

彦根藩第11代当主・井伊直中の14男として生まれた直弼ですが、

さすがに14番目の男子となると、養子になれる道もありません。

世捨て人のような境遇に置かれていた直弼が大老まで上り詰めるとは、

山あり谷あり、人生って本当に不思議です。

ゆるキャラブームの火付け役となった

彦根市の人気キャラクター『ひこにゃん』

蕎麦侍お手製の郵便受けにも鎮座しています。

天秤櫓から景色を楽しんでいると、

な、な、なんと、ひこにゃんが散歩していました。

日本全国に城はたくさんありますが、

昔の天守が残っている現存天守は12城のみ。

そのうち、国宝に指定されているのは5城だけです。

姫路城、彦根城、松本城、犬山城、松江城、

全ての城を訪れましたが、蕎麦侍は天守を包む風景、

環境など総合的な良さで松本城が一番好きだす。

今回の小さな旅で、日本人に生まれて良かった!

誇らしく熱い思いを再認識しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【蕎麦屋 侍】8月の営業は絶好調、多くのお客さまにお越しいただき、

平日でも開店満席、売り切れの日々が続き、商売では「山」の状況でした。

夫婦二人での営業のため、長時間お待たせして申し訳ありませんでした。

蕎麦侍夫婦にとって毎日が戦場のようでしたが、

常連さんに支えられ、新なご縁にも恵まれ、感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。

 

7月中旬からおよそ1ヵ月間、恐怖の訪問者が現れます。

アブだす。

アブは、自然豊かで湿気のある場所で群生しているため、

『ひまわりの湯』など、平谷村の至る所で遭遇します。

【蕎麦屋 侍】では、お客さまが入口の網戸を開ける瞬間に

見事に店内に侵入してきます。

蚊のようにストロー状の口を刺して血液を吸うのではなく、

皮膚を噛んで出血させ吸うので、赤く固く膨れます。

殺虫剤を散布できない状況で、アブを駆除する手段は

ハエタタキで一撃をくらわすしかありません。

アブを見つけるやハエタタキを手に出動する女将の姿は

【蕎麦屋 侍】の夏の風物詩です。

 

標高1,000mの【蕎麦屋 侍】の夏も、年々暑さを増しています。

クーラーは不要ですが、扇風機が欲しい日があります。

2階の寝室では眠れない日があり、1階の居間で寝ることもありました。

地球温暖化の足音がここにも迫ってきています。

そんな夏に欠かせない親友・・・『のどごし<生>』だす。

味わって飲むには繊細なアワの本物のビールに限りますが、

くそ暑い時にのどを潤すには大味の第3のビールが最高です。

お客さまを見送り暖簾を下ろすと、親友が現れます。

午前4時から動き回った身体に沁みわたります。

アルコールがそれほど得意ではない女将も、この時だけはグビグビいきます。

おいおい、俺の親友を奪わないでくれよ〜。

個人事業主のささやかな至福の時です。

 

この8月は、私的には「谷」が続きました。

女将方の身内の不祝儀と重篤な入院があり、

精神的なダメージが大きく、身体の疲れ以上に大変でした。

 

また、立て続けにモノが壊れるという事態に見舞われました。

(壁紙は、トム・クルーズ主演『ラスト サムライ』だす)

な、な、なんと、パソコンが壊れました。

経理、ネットバンキング、メールなど営業上必要なことが滞り、

目の前が真っ暗になりました。

一刻も早く直すしかありません。

蕎麦侍の携帯はガラケーのらくらくホンで、

ハズキルーペをしても「画面が小さくて読みづらい!」ので

(待ち受け画面は、やっぱり『ラスト サムライ』だす)

女将のスマホで検索すると、パソコン修理専門店が飯田市にありました。

電話でアポをとり、閉店後、ヘロヘロな身体に鞭打って

片道45分かけてパソコンを届けました。

21日(水)に預け、24日(土)に修理完了、迅速な対応に救われました。

ハードディスクは交換でしたが、データの取り出しができたため、

大まかには回復でき、こうしてブログの更新をすることができます。

ただ、失われたソフトがあり、いろいろ調べながらド素人が必死に

復旧作業に取り組んでいますが、どうなることやら。トホホ・・・

※ ブログは大丈夫ですが、ホームページが心配です。

さらに、お勝手口のドアの上部にあるドアクローザーが

サッシ枠の取付部分から根こそぎ剥がれてしまいました。

はたまた、アイロンが熱くなりません。

これだけ「谷」が続くと、さすがに凹みます。

 

7月のエブリイ車検に続き、8月はMINIの車検です。

エブリイが商用車のため初回車検が2年であることに気づかず、

ダブルパンチをくらうことになりました。

今回からお世話になる『MINI岡崎』の担当者は

以前このブログで紹介した横矢さんですが、

車検当日は石川さんが対応してくださいました。

入社2年目ということで、とてもフレッシュで

笑顔いっぱい全力の接客が素晴らしく、

心地良いひとときを過ごすことができました。

今回はバッテリーの交換など、かなりの「谷」(出費)でしたが、

男性スタッフが多い中、二人の素敵な女性スタッフとのご縁をいただくとは、

蕎麦侍の女運は「山」(健在)であることを確信しました。

茉実ちゃん、りかちゃん、これからもよろしくね〜!

※ 鼻の下がかなり伸びただす。トホホ・・・

展示ホヤホヤの『MINI 60YEARS EDITION』

特別仕様のブリティッシュ・レーシング・グリーンが鮮やかです。

ユニオンジャック柄のテールランプがおしゃれです。

でも、コンパクトでシンプルな自分のMINIが一番だす!

 

今回は、何だかしょぼくれた話題が多かったので、

お盆に遊びに来てくれた孫たちと行ったひまわり畑で

さわやかに締めくくりたいと思います。

9月は、ひまわりのように心身ともに明るく元気に

何も壊れない「山」の日々を築けますように!

 

最後に、『びっくりぽん!蕎麦好きの愛車だす』のコーナーだす。

 

【愛車27】カワサキ Z250LTD(愛知県豊田市・雪駄ボーイさま)

愛車はz250ltdです。

友達からボロ状態で譲ってもらって

レストアしました^_^

塗装はとてもお世話になってる先輩が

やってくれました^_^

日本と海外のMIXを、作りたくってこうしました^_^

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご来店時、玄関でお迎えした際に雪駄を履いておられたので、

「むむっ、自分と同じ希少な人種か???」と強烈な印象でした。

その後、メールでご挨拶をいただき、今回の投稿となりました。

実際に愛車を拝見していませんが、この画像から雪駄ボーイさまの

凄いこだわりが伝わってきますね。

後ろ姿は武骨ですが、フロントマスクはカワユイだす!

 

ちなみに【蕎麦屋 侍】の下駄箱の上に

「侍 samurai JAPAN」の刺繍が施された雪駄が飾ってあります。

開業時に女将の妹・エミリーさんが記念に贈ってくれたものです。

とても気に入っていて、もったいなくて履くことはできません。

「猫に小判」的な感じで面白いでしょ!

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM