至福のとき

  • 2019.11.30 Saturday
  • 21:06

 

「山粧う」から3週間ほどで

「山眠る」・・・

フルカラーからモノトーンの世界に近づき、

長い長い冬がもうそこまで来ていることを実感します。

 

今年の紅葉は例年より10日ほど遅く、暖かい日が続いたおかげで

11月は連日、多くのお客さまにお越しいただき、

「本日終了 売り切れ御免」の看板を出す毎日でした。

夫婦二人での営業により、お客さまには長時間お待ちいただき、

本当に申し訳なく、身が縮む思いをしていましたが、

「待った甲斐があったよ!」という優しいお言葉をいただく度に

救われた気持ちになり、至福のときを味わいます。

 

蕎麦侍夫婦の共通の趣味のひとつである映画鑑賞。

前回のブログで触れた『ジョーカー』を観ました。

『ヴェネチア国際映画祭』金獅子賞受賞という快挙に始まり、

『アカデミー賞』最右翼の評判の作品とのことですが・・・

鬼気迫るジョーカーを演じたホアキン・フェニックスは、

きっと最優秀主演男優賞を手にするでしょう。

でも、蕎麦侍は至福のときを過ごすことはできませんでした。

善人が突如として悪人に変わるということは

誰もが持っている危うさであるだろうと感じながらも、

モヤモヤした気持ちが暫く消えませんでした。

 

【蕎麦屋 侍】には、「飛躍する」という願いを込めて、

女将お手製のうさぎちゃんはじめ、和を代表するうさぎが随所にいます。

人形の後ろに見える厨房出入口の暖簾は、

ヤフーオークションで手に入れた思い出の品です。

(取引相手がとっても素敵な方でした)

うさぎの風神雷神図もユニークでしょ。

お手洗いにも数羽のうさぎちゃんが・・・

あれ?皿の中にあるはずのものがありません!

檜玉3個と素敵なトンボ玉が飾ってあったのですが、

その日は、興味本位で手にしてしまうような小さな子どもはおらず、

故意によるものだとしか考えられません。

被害額は大したことはありませんが、トンボ玉は孫のお気に入りで

遊びに来るたびに手にして大切にしていたものです。

腹が立つというより、とても悲しい気持ちになりました。

俄かジョーカーさんよ、こっそり返してくださいな。(郵送可)

 

盗みといえば、人目のつかない田舎では金属盗が多発しています。

特に、消火ホースの筒先や側溝のグレーチングが狙われています。

盗まれた金属は金属回収業者に持ち込まれ、換金されるようです。

地区のホース格納箱を覗いてみると、

よかった!ありました。

初期消火のため一刻を争うという性質上、

鍵をかけることができず対策は難しいですが、

住民の命と財産を守るためのものであると考えると、

この愚かな行為は絶対に許せません。

 

さて、そんなストレスを解消するために、

蕎麦侍夫婦は、毎週「至福のとき」に浸っています。温泉だす!

蕎麦屋定休日には、飯田市に仕入れ・買い出しに行きますが、

その折に日帰り温泉に立ち寄ります。

今一番のお気に入りは、天竜川近くにある『ほっ湯アップル』です。

水素イオン濃度pH9.94の効能か、

真冬でも車で50分、帰宅するまで湯冷めしません。

<温泉プール:ほっ湯アップルHPより借用>

何よりすごいのは温泉プールがあり、

利用料500円のみで温泉もプールも楽しめます。

「水泳がしたい!」という念願が、

こんなところで叶うなんて、びっくりぽんです。

ただし、水中ウォーキングの元お嬢さまたちでいっぱいなので

邪魔にならないように隙をついて泳がなければなりません。

積極的休養としての心地よい疲れの後の温泉は、まさに極楽です。

 

数か月に一度の「至福のとき」は、喫茶店のモーニングです。

香嵐渓で有名な足助町から岡崎市に向かう途中にある『豆蔵(まめぞう)』は、

高品質なスペシャルティコーヒーの業務用卸売りをする専門店です。

だからブレンドコーヒーも日替わりで、いろんな味が楽しめます。

ドリンク代+280円のハムトーストセットは大満足!

何もかも忘れてまったりと過ごす・・・ささやかな贅沢です。

豆蔵さんに一つだけお願いがあります。

袋とじの付いた週刊誌を置いてくださいませ。

 

最後に、素敵なご縁に恵まれた「至福のとき」を紹介します。

国道151号を車で南下している時、

ふと思い立ってハンドルをJR飯田線の東栄駅に切りました。

東栄町といえば『花祭り』が有名ですが、

11月3日にオープンした『maru-kai(マルカイ)』さんに

立ち寄ってみたかったからです。

<左から女将、長谷川さん、蕎麦侍>

『三河の山里なりわい実践者』の長谷川夏紀さんが運営する

手作り雑貨とワークショップの店です。

長谷川さんは、日英翻訳家兼写真アート制作者で、

名古屋市から東栄町に移住したそうです。

東栄駅前の空き家をリノベーションして、

東栄町や奥三河の魅力を発信しています。

南天(難を転ずる)をモチーフにした素朴でかわいい

ペンダントやブローチ。女将、お買い上げ〜。

凛とした姿のうさぎちゃん、【蕎麦屋 侍】においで〜。

長谷川さんとは初対面なのに、すぐに打ち解けて話しをしていると、

な、な、なんと、長谷川さんは蕎麦好きで、既に【蕎麦屋 侍】に

お越しくださっていました。悪いことはできませんね〜。

長谷川さんはじめ多くのIターン組のエネルギーで

東栄町にどんな変化が生まれるのか、注目です!

 

【蕎麦屋 侍】は、121日から331日まで冬季休業となります。

その間、蕎麦侍夫婦は平谷高原スキー場でせっせと働きます。

スキー場のオープン(1221日予定)まで、蕎麦侍夫婦の目の前には

いくつものニンジンがぶら下がっており、「至福のとき」を過ごさせていただきます。

次号以降、盛りだくさんの報告をお楽しみに〜!

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM