あっぱれ!

  • 2019.05.27 Monday
  • 22:10

 

今年の【蕎麦屋 侍】庭園の芝桜は、爆発的に咲き誇りました。

7年前に10ポットほどの苗を植えただけなのに、

年々こんなに増えていくなんて、生命力の凄さを感じます。

僅か数日のうちに新緑が【蕎麦屋 侍】の周りを覆い尽くし、

裏山では今年も「カッコ〜」の美しい声が響いています。

 

さて、夫婦二人でのゴールデンウィーク営業は、まさに必死の日々でした。

連日、開店前から多くのお客さまにお越しいただき、

11時の開店間もなく売切れ確定の毎日でしたが、

な、な、なんと、10時30分に売切れ確定という日もありました。

【蕎麦屋 侍】を目的としてお越しいただけることへの驚きと

感謝の気持ちで、疲れが吹き飛び・・・ませんでした。

この歳になると、肉体的な疲労は抜けません。トホホ・・・

そんな中、張本勲氏がいたら「プロとして失格だ。『喝!』だ〜」

と言われるほどの【蕎麦屋 侍】史上最悪のミスをしてしまいました。

 

昨年より、長時間お待ちいただくお客さまに整理券を発行して、

指定した時間に再訪していただくようにしました。

時間を有効に使っていただけるようになり、ご好評をいただいています。

予め注文を確定し、蕎麦の数を確保して整理券をお渡しするのですが、

な、な、なんと、最終的に12人前の蕎麦が足りなくなりました。

途中で何度も残りの数をチェックしながら対応しているのですが、

どこでどう間違ったのでしょうか?

整理券を手にしたお客さまが続々とお越しになり、

お詫びの言葉だけでは済まされない事態に、

目の前の調理を進めながら、脳みそをフル回転して対策を練りました。

結局、そばがき(800円)+昼餉(400円)のセットを

各人に無料で試食していただくということでご了承いただき、

寛大なお客さまのおかげで、蕎麦侍は切腹を免れました。

火事場の馬鹿力により、そばがきを連続12皿作るという荒業を成し遂げ、

女将も接客をしながら玉子焼きを作るという神業を見せ、

なんとか難局を切り抜けることができました。

閉店後、蕎麦侍夫婦は『あしたのジョー』のように燃え尽きました。

 

後日、その時にご迷惑をおかけしたご夫婦がお越しくださり、

「あの時は気の毒だったね。初めて食べたそばがき、美味しかったよ」

と声をかけていただき、『あっぱれ!』をいただいたようで救われました。

「信頼を築くためには長い道のりが必要だが、信用を失うのは一瞬である」

本当に大切なことを身を以て学び、肝に銘じました。

 

5月5日は、蕎麦侍夫婦の結婚記念日ですが、

(女将の辛抱強さに、みんなから『あっぱれ!』をいただきました)

令和元年5月5日に、超幸せな『あっぱれ!』がありました。

文字通り「天晴れ」な日に、愛知県豊橋市の『ベルアンジュール』

次男の結婚式が行われました。

新郎・テツ(岡崎市職員・市役所勤務)と

新婦・ナミちゃん(豊橋市職員・保育園勤務)のベストカップルだす!

天使のような孫たちの登場に、式場に笑顔が溢れます。

披露宴で司会を務めていただいたのは、な、な、なんと、

元おニャン子クラブ・会員51の宮野久美子さんだす!

宮野さんは、豊橋市出身だそうです。

さすが元アイドルというオーラと見事なトークで

会場の雰囲気がひときわ華やかになりました。

ありがとうございました。またお会いできますように。

誰か〜、宮野さん司会の結婚式に呼んでくれ〜!

来賓として山口県から新郎の恩師・山村裕史先生も駆けつけてくださいました。

ちなみに山村ご夫妻の結婚記念日も5月5日です。(蕎麦侍夫婦が仲人です)

山村先生は、蕎麦侍の義兄弟という関係でもあります。

(本ブログ・2016年1月『環境が人をつくる』参照)

現在、山口県岩国市教育委員会で活躍されており、

近い将来、校長となって『あっぱれ!』な学校を作り、

日本の教育に新しい風を吹き込んでくれると大いに期待しています。

遠路遥々、ありがとうございました。

 

乾杯のご発声は、新郎の先輩・中村竜彦氏にお願いしました。

(以下、「タツ」と呼ばせていただきます)

タツは、富山村時代(現・愛知県豊根村富山地区)に

今や絶滅危惧種となったガキ大将として君臨し、

村の子どもたちを引き連れて、リーダーとしての力を発揮していました。

我が家の3人は、いつもカルガモのようにタツの後を付いて

自転車であちこちに行ったり、チャンバラをしたり・・・

特に次男テツは可愛がってもらい、良いことも悪いことも教えてもらいました。

 

そんなタツが、この度、『あっぱれ!』×100個の快挙を成し遂げました。

平成最後となる4月7日の愛知県議会議員選挙で、見事当選したのです。

<タツの息子さんと娘さん>

 

タツは、小学4年生の頃から、おじいさんとテレビの国会中継を

見ることで政治に興味を持ち、将来、政治家になろうと決めていました。

蕎麦侍は、富山中学校で社会科を教えており、授業中、

タツと議論を交わすのが楽しくて、脱線ばかりしていました。

「先生は話がうまいで、僕が総理大臣になったら外務大臣にしてあげる」

と約束してくれたことを今でもはっきり覚えています。

生まれながらの政治家と言っていいほど、才覚がありました。

 

今回、定数5人の豊橋市区において7人が立候補しました。

自民党候補者が3人ということで、票が割れる危機感の中、

まさに命を懸けて戦い抜き、公明党候補者に肉薄する勢いで当選したのです。

日付が替わろうとする頃、テレビの開票速報でタツの当選が決まった時、

蕎麦侍は「やった〜!!!」と大声を出し、飛び上がって喜びました。

これほどハラハラドキドキしたのは、【蕎麦屋 侍】開業の日以来です。

披露宴での乾杯の際、「新郎の先輩であり、愛知県会議員の中村竜彦さま」

と紹介された時のタツの姿に、胸が熱くなりました。

そんなタツからコメントが届きましたので、紹介します。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

私は蕎麦屋侍の店主、小久保先生が旧富山村で中学校の教員をされていた頃の教え子です。

その頃から政治家になろうと志し(小久保先生の影響が大きいです)、

大学時代に代議士の書生に、27才で豊橋の市議会議員になりました。

そして市議312年を経て今年の統一地方選挙で愛知県議会議員選挙に挑戦し、

初当選させていただきました。

結果だけを聞けば果報者の極みのように感じられるでしょうが、

全人口200人だけの村から外へ出て、新たな地で地元の皆さんの理解を得ながら

当選し続けることはなかなか簡単なことではありません。

 

選挙は地の利、人の縁、時の運など様々な要因が重ならないと結果はついてこないと言われます。

私の小学・中学時代は同級生3人だけで、何をやるにも自分たちは主役でしたから、

どんな時もどこへ行っても根拠のない自信だけはあります。

これまで大学受験に失敗したり、選挙に落ちたこともあり、沢山の挫折も経験しました。

でも、この根拠のない自信のおかげで、「負けようが失敗しようが、

諦めず最後に勝てばそれまでの苦労は武勇伝」と思える雑草のような強さが身につきました。

先日、小久保先生の蕎麦を食べに平谷へ行きました。

きっと校長先生になれたであろう教員の地位を捨てて、

一念発起で蕎麦屋を開き、たちまち人気店になっても驕らずに、

先生自ら開店前に詰めかけるお客さんに鉢巻を締めて整理券を配っている姿がそこにありました。

小久保先生は私が中学校で教わった頃と何ら変わらない、

今も身をもって私に人間というものの生き方を示してくださる尊い恩師だと改めて感じました。

  

愛知県議会議員 中村竜彦

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

蕎麦侍のことにも触れていただき恐縮です。

 

肩書きやバッジを手に入れると、自分の立場を勘違いしてしまう輩がいます。

タツは絶対にそんなことはないと思いますが、政治家としての志と使命を全うできるように

蕎麦侍の宝物を当選記念として贈りました。

鹿児島旅行で手に入れた島津斉彬書『思無邪』の扇子です。

愛知県民のみなさん、どうぞ中村議員の活躍にご期待ください!

 

令和元年、みなさんにとって『あっぱれ!』な年になりますように。

 

最後に、『びっくりぽん!蕎麦好きの愛車だす』のコーナーだす。

 

【愛車25】HONDA GROM (愛知県名古屋市・小倉 暁さま、篤子さま)

4月20日にバイクの写真を撮っていただきました小倉です。

HONDA GROM です。この2台はいずれもセカンドバイクです。

大型のバイクも持っているのですが、

買い物や普段使いに小さいのも必要なのですが、

以前乗っていたCRM80がさすがに維持できなくなって、こちらに買い替えました。

先に妻の分を買ったのですが、とても使い勝手が良いので、

夫もCRM80から乗り換えてしまいました。

「侍」に初めて乗って行ったのは、昨年の7月の夫用GROMの慣らし運転でした。

以来、燃費の良さと乗りやすさで、かなりの頻度で夫婦で乗っています。

燃費は冬の悪い時期で44km/Lぐらい、写真を撮っていただいたときは、

夫のGROM58km/L、妻のGROM59km/Lを超えました。

今度行くときは、大きいバイクで行くか、

それともまたGROMにするかわかりませんが、またお邪魔します。

 

<この日は、花見ツーリングを兼ねていたとのことで、

満開の枝垂れ桜の画像を送ってくださいました>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夫婦お揃いのバイク、とっても素敵です。

カタログによると、60km/h定地燃費値は、な、な、なんと62.7km/lとのこと。

このGROMは最近よく見かけるバイクで、どのお客さんに聞いても

「燃費50kmは行くよ」とおっしゃいます。

まさにエコの時代にピッタリの理想的なセカンドバイクですね。

お二人のビッグバイクは何だろう?とっても楽しみだす!

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM