半分、ハンパない。

  • 2018.06.26 Tuesday
  • 22:01

 

夢のような光景でした。

えっ、何が???

左上にかろうじて微かな光が写っています。

女将の強い要望で、父の日に『信州辰野ほたる祭り』に行ってきました。

(父の日なのに、母の日のようだす。トホホ・・・)

JR辰野駅前の商店街通りは歩行者天国となり、

屋台がずらりと並び、人をかき分けて会場に向かいます。

【蕎麦屋 侍】は今年から日・月曜日を定休としたため、

4年ぶりにイベントに参加することができるようになり、

「人波に揉まれるのもいいもんだなあ」と賑わいを楽しみました。

 

午後8時前、ひとつ、ふたつ・・・と光り始めたかと思うと、

雲が沸き立つようにゆらゆらとハンパない数の蛍が!

今年のピークは過ぎたということで、会場にあふれる人間の半分くらい?

という印象でしたが、蛍の乱舞に酔いしれました。

 

この日は『女将への感謝祭』ということで

『高遠しんわの丘ローズガーデン・バラ祭り』にも立ち寄り、

日頃の償い、ご褒美として、女将のコンシェルジュに徹しました。

蕎麦侍は全く興味がないので、日蔭のベンチで心地よい風に吹かれて

うとうと、夢の中を散歩していました。

【蕎麦屋 侍】開業から4年間、蕎麦侍夫婦は

その日を凌ぐことに精一杯で心の余裕などありませんでした。

蛍とバラに癒され、女将の本当に幸せそうな姿を見て、

月に1回、非日常の楽しみを作ろうと決めました。

 

「カッコー、カッコー」

【蕎麦屋 侍】の裏山に、夏を告げる美しい声が響き渡ります。

裏庭の草刈をした翌日、そこに見事な蛇の皮が残されていました。

アオダイショウです。

そっと持ち上げて伸ばしてみると、な、な、なんと、120僂△蠅泙靴拭

7年前、平谷村に引っ越してきた時に、2mはあろうかと思われる

ハンパないアオダイショウが挨拶に出てきました。

アオダイショウは、穏やかな性質で毒もなく、ネズミを食べてくれる益獣です。

そこかしこに大小の皮が残されており、【蕎麦屋 侍】を守ってくれているのです。

「蛇の皮を財布に入れておくとお金が貯まる」ということですが、

さて、この長い皮をどうしたものか・・・

 

この時期になると毎晩、「コロロロロ、コロロロロ」と

モリアオガエルの声が安眠の邪魔をします。

今年はどこに卵を産むのかと捜索すると、

側溝にメレンゲのような白い卵塊がありました。

おいおい、そんなとこじゃあ干からびてしまうぞ!と思いきや、

浄化槽から定期的に水が流れるので、無事に孵化さえすれば

オタマジャクシは小川に流されていくので結果オーライなのか?

毎日の観察が楽しみです。

 

朝一番、勝手口を開けるとミヤマクワガタがいました。

子どもの頃、カブトムシよりクワガタが好きで、

鎧を纏ったような勇ましい姿のミヤマクワガタが大好きでした。

ノコギリクワガタやコクワガタは簡単に捕まえられるのですが、

ミヤマクワガタはなかなか見つかりません。

ミヤマ(深山)というくらいですから、標高の高い森の中にいるのです。

山奥に住んでいる今、何の苦労もなくミヤマクワガタに会えたことにびっくりぽんです。

間もなく寿命を終える状態だったので、「お疲れさん!」と木の幹に帰してやりました。

 

いろいろな生命が共存し、食物連鎖の中で自然界が保たれていることを実感しつつ、

素晴らしい環境の中で生活できることはハンパない贅沢だと日々感謝しています。

 

「アチョ〜〜〜!」

ミヤマクワガタのように強くてカッコいいお客さまがお越しになりました。

な、な、なんと、ブルース・リーだす!

男なら誰もが憧れるハンパないスーパースターだす!

15歳の時、蕎麦侍は映画『燃えよドラゴン』を観て、

「自分も強くなりたい!」と空手を始めました。

彼のおかげで今の自分があると言ってもいいほどの恩人です。

 

本物と見まごうばかりのこのフィギュアは、

『1/4 HDマスターピース バストコレクション』という作品です。

台座に据えられた上半身のブルース・リーは、まさに「半分、ハンパない。」

その皮膚感、浮き上がった血管、うっすらと流れる汗、言い知れぬ迫力と生命感は

これまでにあったどんなフィギュアも凌駕します。

このフィギュア(2010年発売)の存在を知り、ずっと探していたのですが、

この度、奇跡的に傷・汚れひとつない超美品をゲットできました。

「平谷村最強のオッサン(じいさん)になるぞ!」メラメラと燃えています。

弱音を吐きそうな時は、ブルース・リー大先生を拝み、

「アチョ〜〜〜!」と喝を入れてもらいます。

ちなみに、女将と看板娘は「店に飾らないでね!」と言っていますが、

このような芸術作品は、多くの方々に見ていただきたいだす。

女性がドン引きしないような展示方法を思案しているので、

肉食系男性諸君、どうぞご期待ください!

 

さて、女性のお客さまのために・・・という大義名分のもと

【蕎麦屋 侍】レジ前に『コップのフチ子』が登場しました。

僅か6僂曚匹離侫ギュアですが、細部にわたりこだわりが感じられ、

『折り鶴のフチ子』『柔のフチ子』『温泉のフチ子』

ユニークなポーズがとっても愛らしいです。

 

ほっこりとした気分で眺めていると、鈴愛ちゃんの姿が瞼に浮かんできました。

そう、連続テレビ小説『半分、青い。』の主人公・楡野鈴愛(にれのすずめ)です。

特別美人でもなく、ちょっぴりイモ姉ちゃんっぽいのに、

人間的にハンパなく可愛いくて、蕎麦侍はメロメロになっています。

どうやら全国のオッサンも夢中になっているようです。

その中の一人がこの人・・・

このブログが更新される度に真っ先にコメントしてくださる

【蕎麦屋 侍】常連の長縄さん(春日井市在住)です。

『半分、青い。』効果でブレイクしている五平餅を手土産に

閉店後、遊びに来てくださいました。

長縄さんの娘さんは、現在、東京でパティシエの勉強をされており、

鈴愛ちゃんに娘さんを重ね合わせてドラマを観ているそうです。

やっぱり、どこの父ちゃんも娘のことを宝物のように

ハンパなく大切に思っているんですなぁ。(ウルウル・・・)

くるみだれの五平餅、うまかった〜。ごちそうさまでした。

 

正直に言います。

蕎麦侍の本命は鈴愛ちゃんではなく、鈴愛ちゃんの幼なじみの

萩尾律(はぎおりつ)くんの母親・和子(わこ)さんだす。

というより、和子さんを演じている原田知世ちゃんだす!

<CD『恋愛小説2 若葉のころ』 透明感のある歌声にうっとりだす!>

 

知世ちゃんがテレビ画面に登場すると、

「鼻の下がハンパなく伸びて、デレデレのだらしない顔になる」

と女将は呆れていますが、本人は夢心地だす。

 

なぜ知世ちゃんなのか・・・

今から45年ほど遡り、中学時代の初恋の話から始めなくてはなりません。

乙女座生まれの蕎麦侍のとてもデリケートな部分なので、

次回、ほんの少しお話しするとしましょう。

 

鈴愛ちゃんの実家は、岐阜県東濃地方ふくろう商店街にある『つくし食堂』です。

地域に愛される家族経営の人情あふれるお店です。

先月、『つくし食堂』のような温かい雰囲気のお店でランチしました。

名古屋市瑞穂区の名古屋市博物館のすぐ近くにある中国料理『天海』です。

実は、『天海』のみなさんは【蕎麦屋 侍】の大切なお客さまです。

とてもお人柄がよく、柔らかな物腰なので、蕎麦侍夫婦は

「商売をされているに違いない!」と話していました。

ある日、接客の折に女将が尋ねてみると・・・ビンゴでした。

いつも『天海』の定休日である月曜日にお越しいただいていたのですが、

今年変更した【蕎麦屋 侍】の定休日とダブってしまい、

残念ながら、ご来店いただくことが困難な状況となってしまいました。

 

そこで、ネットで検索してみると、な、な、なんと、

蕎麦侍夫婦は、13年前に『天海』を訪れていたのです!

平成17年に名古屋市博物館で開催された『円空展』に出かけた時、

昼食しようと散策していて偶然見つけた店が『天海』だったのです。

お値打ちでとっても美味しいランチだったので、印象に残っていました。

 

本当に不思議なご縁ですが、

「頑張っていれば、神様は必ず素晴らしい人に逢わせてくれる」

ということをしみじみ感じる出来事でした。

 

鬱陶しい梅雨の時期ですが、自然界にとっては恵みの雨です。

「雨が降っていても左耳には雨音が聞こえない。

左側はいつも晴れ。半分だけ青空みたいだ。」

鈴愛ちゃんのように、喜んで受け入れていきましょう!

 

最後に、『びっくりぽん!蕎麦好きの愛車だす』のコーナーだす。

 

【愛車17】HONDAスティード400&TOYOTAプリウス(愛知県みよし市 加納さま)

平成22年式30系プリウス

毎日、片道30kmの通勤、燃料費を考えるとデジタルの車ですね。

只今、14万km超ですけど、リッター25kmの燃費のよさにはびっくり。
そして25年ぶりにバイクに乗り、楽しんでます。

アナログな平成5年式HONDAスティード400

昔のバイクはやっぱりいいですね。

身体で風を感じるって気持ちがいいです。

でも、花粉症なのでつらい・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

クルマは実用性重視、バイクはこだわって自分らしく!

オン・オフのメリハリをつけた愛車生活は理想的です。

バイクに付けた革のサイドバッグがカッコよくて、

まさに愛馬という雰囲気がワイルドだす!

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM